ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

受験前の教室費用、入学後の学費…

小学校受験でかかる費用はどのくらい?

小学校受験でかかる費用はどのくらい?

「お受験」と聞くと、とにかくお金がかかりそう…と思われるかたも多いと思います。では、実際に公立と私立では、どの程度差があるのでしょうか。また、幼児教室など受験前にかかる費用はどのくらいでしょうか。本記事では、受験でかかる費用について詳しく解説します。

公立と私立、費用の差はどれくらい?

まずは幼稚園から高校までの公立と私立の学習費を、文部科学省が公表している『平成28年度子供の学習調査の公表について』を基にして比べてみましょう。

<学校種別の学習費比較>

学校種別 公立(年額) 私立(年額)
幼稚園 23万4,000円 48万2,000円
小学校 32万2,000円 152万8,000円
中学校 47万9,000円 132万7,000円
高等学校 45万1,000円 104万円
合計 約540万円 約1,770万円

※学校教育費、学校給食費、学校外活動費含む

こちらの表からは、幼稚園入園から高校卒業まで、公立は約540万円、私立は約1,770万円と3倍以上の差があることがわかります。

また、私立の学校では学費や給食費などのほかにも、さまざまな費用がかかることがあります。それでは、入学前後にかかる費用を、具体的に見ていきましょう。

入学前にかかる費用

ここでは、入学前にかかる費用についてご紹介します。

習いごと(教室)費用

受験対策の幼児教室ですが、平均して1コマ(1時間)1万円ほどです。年少~年長と、学年が上がるにつれ金額も高くなり、週に1回で月に4~6万円ほどです。

また、必須ではないものの、通常の教室のほかに夏期・春期・直前・志望校別の各講習や、模試(1回1~2万ほど)など、月謝以外の費用が発生します。

このほかに、絵画教室や体操教室なども通う場合は、さらに月1~2万円ほどかかります。

受験費用

受験時に必要な衣類や試験代です。

服装

説明会や面接時に着る、いわゆる「お受験スーツ」です。父親は紺のスーツ、母親は紺のジャケットとワンピース、A4サイズが入るカバン、子どもは白ポロシャツと半ズボン、Vネックベスト、面接用のジャケットなど、合わせて10~15万円ほどかかります

受験料

1校あたり国立小学校は3,000~4,000円、私立小学校は2~3万円です。当然ですが、受験する学校が多ければ多いほど、受験費用も比例して増えます。

入学後にかかる費用

これまでは入学前にかかる費用についてご紹介しましたが、ここからは入学後にかかる費用について、私立と国立に分けてご紹介します。

私立小学校

1.学費

入学金:初年度のみ必須で、10~30万円が相場です。
授業料:1~6年生まで毎年払う費用です。年間10~100万円と、学校により大きな違いがあります。
*施設充実費:施設や備品などを充実するための費用です。年間5~10万円ほどです。

2.そのほか

制服代、スクールバス代、定期代、PTA会費のほか、修学旅行や卒業アルバムといった積み立てなどがかかることがあります。制服やランドセルは、ほとんどが学校指定で、10~20万円ほどかかります。

以上を合計すると、1カ月あたり7~16万円、年間100~200万円ほどかかり、入学金や制服代が含まれる入学時が最も高くなります。2年目以降は、年間100万円前後かかることが多く、小学校6年間で600~800万円ほどかかる計算となります。

3.寄付金

私立小学校の多くで、寄付金を求められます。入学時や周年記念などで寄付金を募ることが多く、とくに宗教系の学校では、寄付金(献金)制度が多い傾向にあります。

寄付金は主に、以下のように使われます。

1.新校舎設立や校舎の老朽化による建て替えなどに使われる。返還されない。
2.入学時などに50~100万など大きな金額を寄付し、学校が資産運用して増資する。卒業時に返還される、いわゆる学校債。

寄付金は払わないとダメ?何口がいいの?

寄付金とうたっているのであれば、必ず出さないといけないわけではありません。例えば「一口○万円、最低△口以上(任意)」という記載になっているかと思います。十口寄付すると贔屓され、一口だけだと冷遇に…ということはありません。

また、現場の教師と金銭管理をする事務とは別の組織であり、払ったかどうかというのは直接教師に知られることは、ほぼありません。

しかしながら、任意となっているものの、子どもの教育環境を充実させてほしい、いつもお世話になっている気持ちでという思いから、ほとんどのご家庭で最低金額は支払っているようです

国立小学校

公立小学校と同様に、学費は無料です。給食費・教材費・PTA会費・修学旅行積み立てなどで年間20万ほどかかります。

また、国からの助成金が少ない、校舎の老朽化のため、などの理由で寄付金制度をとっているところもあります。

「見えない費用」

私立・国立共に当てはまることですが、「見えないお金」というのが存在します。例えば衣服、交際費、習いごと費用などです。

とくに私学だと、保護者が参観や懇談などで着る服や、鞄・アクセサリーなど、ブランド物を持っているかたは多いです。無理して合わせる必要はありませんが、まわりに触発されてブランドをそろえて…というかたがいるのも事実です。また、保護者同士で、懇談後のランチやお茶代が必要なときもあります。

そのほか、塾やピアノ、水泳といった習いごとをしていると、上記の学費にプラスして数万単位で費用が発生します。

国立の場合、私学ほど学費はかかりませんが、授業が教育実習や研究の場ということもあって教科書通りに進まないため、ほとんどの子どもが塾に通っているようです。入学後は習いごと代で年間100万円ほどを見ておくとよいでしょう。

準備とお金を費やして私立・国立へ行く意味とは?

地域性にとらわれず、子どもの性格にあった学校を選び、学校独自の教育方針を志望して同じような考えを持った家庭が集まります。また、先生がたも「この学校で教えたい」という意思を持って集まり、全員でひとつになって成長できる環境に属することができます。

公立より多くの金額がかかることは事実ですが、一般のサラリーマン家庭や、共働き家庭も多いです。「見えないお金」などは節約できることもあります。少しでも受験に興味があれば家族でよく話し合い、小学校受験に向かってがんばりましょう!