ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

早すぎても遅すぎてもだめ!?適切な準備期間を知ることが重要!

小学校受験を合格に導く準備開始はいつ?

小学校受験を合格に導く準備開始はいつ?

小学校受験を決めている場合、早い時期から準備をすることでひとつの安心感を得るという家庭もあるかと思います。ですが、3歳前後のお子さんが塾に通っていたとしても、なかなか定着しないことが多いのも事実です。では、いつごろからお受験の準備を始めればよいのでしょうか。本記事では、お受験の準備開始の時期に焦点を当てて解説します。

塾や教室は11月が新年度

幼児教室や塾では、11月が新年度という場合が多いことをご存じでしょうか。つまり、年少の11月ごろから、受験準備をスタートさせる家庭もあるということです。ただ、明確に受験校を決めるというより、おおよその志望校を決めるという段階です。お子さん自身が具体的に何かを始めるというよりも、ご両親の気持ちのなかで、小学校受験を視野に入れ始める時期、と言い換えた方がわかりやすいと思います。

ただし、受験対応の塾については、幼児教室のような「楽しく和やかな雰囲気」からは、少しかけ離れていることもあります。厳しく競争心を煽るような場所へ、長期間にわたって通うことに違和感を覚える親御さんも確かにおられます。そう考えると、やはり具体的には、年中の夏ごろに講習会からスタートして、本格的な小学校受験の準備に入るというのが理想的ではないでしょうか。

一般的には年中の11月から

なかには、年中の11月にスタートする幼児教室に一定期間通わせてから、受験塾に代わるというパターンもあります。また、幼児教室と受験塾を合わせたような機能を持つ教室もあります。新しい場に慣れるのに時間がかかるお子さんであれば、年中の秋から小学校受験の準備に取りかかるのが適切な時期かもしれません。

まずはお子さんの資質や性格を見極めた状態で、スタート時期を決めてください。お受験の準備とは、塾に通うだけではありません。社会生活の基本となるマナーやルールも同時に学ばせましょう。そこが基本点です。

お受験準備とは、家庭環境を整えることが第一です。塾や教室が、年中の11月よりも後になっても構わないのです。塾などに行くと、早期から準備することの必要性を教えられますが、家庭の方針やお子さんの個性を加味して、考える猶予があってもよいのです。

小学校受験に本格的に向き合うために

年長になると、お子さん自身にも多少の自覚というものが芽生えてきます。よい学校に行くために、両親と一緒に頑張ってみるという気持ちを、家庭内で共有することが大切です

概ね、小学校受験の準備に費やす期間は1年が平均的です。もちろん、志望校によっては受験の際に必要な単元(巧緻性、ペーパー重視、口頭試問)などを網羅するために、1年以上前からの準備が必要になる場合もあります。

ただ半年前から準備をすることで、簡単に合格を勝ち取れるタイプのお子さんもいれば、何年もかけて準備をしているのにも関わらず、志望校に入れないということもあります。これは“時の運”でもあり、志望校との相性問題でもあります。

小学校受験を決断したときには、心を豊かにする教育や、経験値を上げることが何よりも必要です。季節の花を見て、日本の四季を肌で感じることが大切なのです。

受験するには塾に通わなければいけない?

必ずしも「塾に通うことだけ」が正解とは限りません。なぜなら、勉強よりも生活していくなかで問題行動を起こさないことのほうが必要だからです。自分の思い通りにならないと、地面に泣き伏せるようなタイプのお子さんは、小学校受験には不向きと言わざるを得ません。これは、親として子どもへの関わり方、しつけ方が問われているのです。

家族で協力しあい、人として守るべきルールを知り、我慢を覚えることが重要です。親から得るものを知れば、どんなことにも向き合おうという意欲にもつながっていくのです。小学校受験に必要なことは、家庭生活で学ぶべきことでもあります。これは、どれだけお金を積み上げても、幼児教室や塾で身につけることはできません。

親にとっての小学校受験準備

お子さんに生活上のルールやマナーを教えながら、小学校受験の情報を正確に得る必要があります。お子さんの受験力を高めるだけでなく、親にとっても重要な情報源となるのが、受験塾の存在です。さまざまな小学校に対しての合格実績を持つ塾に通えば、親御さんのモチベーションも上がります。

同時に、受験校が求めている「望ましい家庭教育」を実践する必要もあります。そのためには親御さんも学ばなければいけません。お子さんをただ塾に通わせているだけでは、小学校受験の準備とはいえないのです。わが子の個性や能力を見抜き、専任講師と話し合い志望校を絞り込み、お子さんのモチベーションを保つための努力を欠かさないことが、親として求められます。そう考えていくと、受験準備には1年という期間は必要ではないかと思います。