ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

子どもの気質を見極めよう

エニアグラム診断から見る子供のタイプ別の導き方

エニアグラム診断から見る子供のタイプ別の導き方

お受験に成功するためには、わが子にあった適切な指導とサポートを親が心がけていく必要があります。とはいえ、どうしてこの子はこういった行動をするのだろうとか、どうしてきちんと学習しないのだろうかと、悩んでしまうこともあるでしょう。そのようなときに、わが子はどのような気質をもっているのかを分析してみると、ヒントになることがあります。この記事では、エニアグラムという気質診断テストを紹介します。結果は絶対的なものではありませんが、ひとつの参考にしてみてください。

エニアグラム診断のやり方

エニアグラム診断のやり方は簡単で、たった2つの質問に答え、その回答の組み合わせで、人の気質をおおざっぱに9種類に分類する方法です。お子さんに聞くには少し抽象的で難しいので、わが子を見た親の視点で推測して回答してみましょう。

以下の質問1と2の回答の組み合わせをメモしてみてください。

エニアグラム診断の質問

【質問1】
A.欲しいものは遠慮しすぎずに確実に手に入れる。
B.自分と周囲とのバランスを大切にする。
C.つい自分の中の世界にひたりがちになる。

【質問2】
D.楽観的すぎて問題になることがある。
E.冷静沈着で合理的な人と思われる。
F.気持ちを発散したら、気がおさまる。

エニアグラム診断の結果

質問1と質問2の組み合わせの結果で、以下の9つのタイプに分類することができます。

A+D :いろいろなことに興味があり、明るく前向きなタイプです。活発に外で遊ぶことも好きなので、勉強と遊びのメリハリをつけてあげましょう。

A+E :目標に向けて積極的に突き進むタイプです。親子で志望校を決めて集中しましょう。

A+F :意思が強く自信家です。承認しほめてどんどん自信をつけてあげましょう。

B+D :明るく思いやりのあるお子さんです。お友達と色々なことをやるのが好きなので、お受験でも仲間をつくるとよいでしょう。

B+E :やると決めことをきちんと追及するまじめな子です。1日の学習計画をきちんと決めてペースをつくってあげましょう。

B+F :人との絆を大切にする誠実なお子さんです。親子の信頼関係を強く育てていきましょう。

C+D :おおらかで他人に共感する能力に長けています。集団行動を重視する学校に向いているかもしれません。

C+E:好奇心旺盛で研究熱心です。入学後に子どもの好きなことを、のびのび学べる学校を選びましょう。

C+F:感受性と美的センスに優れています。制作や巧緻性を重視する学校の入試に向いているでしょう。

最後に

子どもは日々成長進化していくものですので、エニアグラムの結果も、今と半年後ではまた変わってくるかもしれません。子どものタイプを上手に把握して、親子でお受験に成功しましょう。