ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

上手な受け方や活用方法

お受験の模試は受けたほうがよい?

お受験の模試は受けたほうがよい?

幼児教室に通っていたり、学校説明会に参加したりすると、さまざまな業者や教室から模試の案内が届きます。模試はどの程度受けたほうがよいのか、模試の結果はどの程度参考にするべきか、模試とのつき合い方に悩まれる家庭も多いことでしょう。この記事では、お受験の模試の効果や、上手な受け方、結果の振り返り方についてご説明します。

模試は定期的に受けよう

私立小学校や国立小学校の受験を考えている家庭では、基本的には模試を受けることをおすすめします。模試を受ける一番の目的は、お子さんの場慣れのためです。本番試験は親子ともども緊張しているので、特殊な空気が流れます。また、いきなり本番で実力を出せといわれても、繊細なタイプのお子さんだと、なかなか難しいところがあります。

その点、たくさんの模試を受けて場慣れしていると、過度に緊張せずにいつもの自分を出すことができます。ポイントは「いつもの先生、友達、教室ではないところで、考査を受ける」という点です。こういった機会を通して、周囲の状況に流されずこれまで準備してきたことを発揮できる胆力が養われます。

どんな模試がおすすめ?

おすすめは、「全国統一模試」と「志望校別の模試」を組み合わせて受けることです。「全国統一模試」は受験者の母数が多いので、大人数の会場でも緊張しない練習ができるほか、統計的にお子さんの実力を見ることができます。一方、「志望校別模試」は、まさに志望校さながらの、特徴をとらえた問題を体験することができます。とくに、慶應幼稚舎など行動観察や運動のみで、ペーパーがないような学校では、自宅学習では難しい体験を本番前にすることができます。

結果が届いたら

受験の模試では志望校を記入しますので、志望校に対してのお子さんの合否判定が届きます。合格圏内であればうれしく、もっとがんばりましょうという結果がきたら落胆してしまいますよね。しかし、あまり結果に一喜一憂しないでください。

中学以降の受験と違い、小学校入試は客観的に点数化しづらい行動観察などが重視されます。そのため、試験官や学校側の価値観によっても「好ましい生徒」が違いますので、配点結果が変わることがあります。模試ではまったく合格圏内ではないのに合格することや、模試の偏差値は十分よいのに、本番では残念な結果になることもあるのです。

また、小さな子どもはその日の体調や気分によって、パフォーマンスにばらつきが出るものです。模試の結果は参考程度にとどめ、得意不得意の把握や、練習と割り切って受けましょう。

受験経験者からの一言

わが家でも、模試はペースメイクとして数カ月に一度受けていました。大勢の友達が頑張る姿を見て、子どもも刺激になったようです。本番までの予行演習として、お子さんの得意分野を伸ばし苦手分野を補うためにも、ぜひ模試を積極的に活用しましょう。