荒川区出張マッサージを受けるには

荒川区出張マッサージを受けるには
ハードな仕事や家事、育児などでストレスが溜まった時は、出張マッサージがおすすめです。店舗に直接行きたくても時間がなかなかないという場合や、待ち時間を節約したいという場合に役立ちます。家や出張先の宿などにスタッフが来てくれるため、プライバシーを守りたい方には最適かもしれません。また、店舗型だと営業時間が短い可能性がありますが、荒川区出張マッサージは早朝や深夜など、通常だとお店がやっていない時間帯にもサービスを受けられるのが利点です。残業や夜勤の仕事がメインの方には嬉しいサービスです。メニューはヘッドスパや軽いもみほぐしなどに加え、アロマオイルを使ったリンパマッサージなど、幅広く提供しています。その中から自身に合ったメニューを選択し日頃の疲れを癒やすことで、ささやかな贅沢気分を味わえます。旅行先などで近くにスパやマッサージ店が見つからない場合もあります。ホテルや旅館の中には、出張マッサージを手配できることがあるため、探してみるのもいいかもしれません。
残業や夜勤の仕事がメインの方には嬉しいサービス

今なお路面電車が走る荒川区

荒川区は東京都23区の北東部にあたり、北から東にかけて隅田川(旧荒川)が流れます。1932年(昭和7年)に4つの町(南千住、三河島、尾久、日暮里)が合併して荒川区が設立されます。荒川区は東西に細長い形をしており、面積が10.20平方キロしかないことから、23区の中で3番目に小さな区になっています。

区域の大部分は隅田川以南の平坦な沖積低地が占め、日暮里の北にある道灌山や諏訪台が山手台地に立地しています。道灌山周辺の標高は21メートルですが、南千住地区の標高は1メートルでしかありません。この辺りは軟弱な地盤の低地であるため、昔から水害の多かったことが荒川放水路建設の要因になります。

荒川区は日暮里が「ひぐらしの里」と呼ばれるほど、庶民の行楽地として賑わいますが、それ以外の地域はほぼ農村であり、汐入大根や荒木田大根が特産品になっていました。明治時代になると、隅田川の水上交通を利用した官営工場や千住製絨所などの大規模工場が建設され、工業地帯として発展します。また、関東大震災後は農地の宅地化が進み、商業都市としての基盤ができます。ただ、近年は環境の変化にともない、工業、商業とも影が薄くなっています。

なお、荒川区を走る「都電(路面電車)」は大正時代に開通した都電の中で唯一残っている路線です(三ノ輪橋~早稲田)。

トップに戻る

Posted by admin